1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格用語集
  4. 特定無形資産(評価困難な無形資産)とは | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

特定無形資産(評価困難な無形資産)とは | 押方移転価格

特定無形資産とは、無形資産のうち、次の要件を全て満たすもののことです。

・独自性があり重要な価値を有するもの
・予測収益等の額を基礎として独立企業間価格を算定するもの
・独立企業間価格の算定の基礎となる予測が不確実であると認められるもの

特定無形資産は、有効な比較対象取引が存在せず無形資産の活用から将来生じるキャッシュ・フローの予測が困難な無形資産(評価困難な無形資産(Hard-To-Value-Intangibles:HTVI))をグループ間で売買することによって、所得が国外に移転することを防止するために定義づけられたものです。

かねてより、低税率国に存在する関連会社などに評価困難な無形資産を安値で売却し、その後に価値が大きく上がったとして、多額のロイヤリティー収入をその関連会社に集中させる行為が問題視されてきました。

そこで平成31年度の税制改正において、特定無形資産取引における独立企業間価格算定方法にディスカウント・キャッシュフロー法(DCF法)を追加するとともに、DCF法適用の際に用いた予測収益と実際の収益に差がある場合、税務当局は事後的に独立企業間価格を修正して更正できることになりました。(但しこのような価格調整措置は、予測相違が20%以内である等の要件を満たす場合には行われません。)

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ