1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. ピックアップ記事,移転価格文書化
  4. 移転価格税制における文書化制度とは | 押方移転価格会計事務所

押方移転価格会計事務所の移転価格お役立ち情報

移転価格税制における文書化制度とは | 押方移転価格会計事務所

移転価格税制とは、海外の関連企業(国外関連者)との取引が独立企業間価格で行われなかったことによって課税所得が少なくなった場合に適用される税制です。

移転価格税制が適用されると、独立企業間価格で取引したと仮定した場合の課税所得を再計算して追徴課税が行われます。

詳しくは、「これだけは知っておこう!」移転価格の基礎講座」をご確認下さい。

国税庁及び経済産業省が公表しているこちらの資料もご確認下さい。

「移転価格税制に係る文書化制度に関する改正のあらまし」
「移転価格税制に係る文書化制度(FAQ)」
「ローカルファイルはじめてガイド」

移転価格税制に係る文書化制度

国外関連者との取引が独立企業間価格で行われたかどうかを税務当局に説明する際には、移転価格文書(ローカルファイル)という文書を提出します。

ローカルファイルに記載する内容については、「ローカルファイル(移転価格文書)の記載項目」をご確認下さい。

ローカルファイルを期日までに提出できなかった場合、調査官は独自に独立企業間価格を推定して追徴課税を行うことができます。

ローカルファイルは調査官からの要請に応じる形で提出するものですが、国外関連者との取引額が一定額以上の場合は確定申告期限までにローカルファイルを作成して備えおく必要があります。

これを同時文書化義務といいます。(「移転価格文書の同時文書化義務が免除でも「文書化」は必要」参照)

文書化における注意点

移転価格税制の適用による追徴課税を回避するためにはローカルファイルの作成が必要ですが、ローカルファイルは単に作成すればいいというものではありません。

税務当局がローカルファイルの内容を適切と認めなければ、結局、追徴課税を受けることになります。

国外関連者(または日本本社)の損益に特殊な要因があり、それがなければ移転価格税制上の問題はなかったと結論付けているローカルファイルが散見されますが、それを税務当局が適切な分析と認めないケースが多くあります。

文書作成上のテクニックに依存するのではなく、実際の親子間取引を移転価格税制上の問題がない価格で行うことが正しい移転価格対応です。

移転価格対応は第一義的には取引価格の問題であり、文書作成は二次的なものに過ぎないということです。

このことを理解していないと外部専門家にローカルファイルの作成を依頼しただけで安心してしまい、予期せぬ追徴課税を受けることになりかねません。

ローカルファイルの作成を外注することには問題点が多いため、当事務所では移転価格税制に自力で対応できる社内体制作りをご支援しています。

<この記事を書いた人>
押方移転価格会計事務所 押方新一(公認会計士・税理士)

「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」
個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせ