1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格用語集
  4. 最適法(ベストメソッド)ルールとは | 押方移転価格

押方移転価格会計事務所の移転価格お役立ち情報

最適法(ベストメソッド)ルールとは | 押方移転価格

最適法(ベストメソッド)ルールとは、独立企業間価格算定方法の中から最も適したものを選択しなさいというルールです。

以前は、基本三法が優先順位上位にあり、基本三法が適用できない場合に他の方法を検討することとされていました。それが2011年度の税制改正で変更となり、全ての移転価格計算方法の中から最も適切な方法を選択することとされました。

最適な方法であることを説明するためには、ローカルファイルにおいて他の方法についても検討したことを記述することが望しいです。

※2019年にディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)が導入されました。DCF法は不確実な要素を用いて独立企業間価格を算定する方法であるため、最適な方法の候補がDCF法を含め複数ある場合は、DCF法以外の方法を優先することになりました。

「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」
個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ