1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 国際税務
  4. 別表17(3)が不要になる代わりに推定規定が創設 | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

別表17(3)が不要になる代わりに推定規定が創設 | 押方移転価格

別表17-3 推定

外国子会社合算税制(タックスヘイブン税制)の改正トピックの続きです。

この記事をご覧になる前に 「特定外国関係会社に該当すれば租税負担割合が20%以上でも合算対象」「タックスヘイブン税制改正後もトリガー税率は適用免除基準として事実上存続」「経済活動基準を満たす場合でも受動的所得は合算する理由」もぜひご一読下さい。

改正前は適用除外基準を満たしていることを証明する必要があった

海外子会社の租税負担割合(≒法人税率)が20%未満の場合、改正前のタックスヘイブン対策税制では、別表17(3)の提出及び関連書類の保管を条件に合算課税の適用免除を受けることができました。

別表17(3)は、事業基準や実体基準などの適用除外基準(現行の経済活動基準)を満たしているかどうかを判定するための申告書です。

改正前は「この子会社は低税率国にありますが、適用除外基準を満たしているので合算しません」ということを企業サイドが能動的に主張する必要があったということです。

書面添付が廃止される代わりに推定規定が導入

この書面添付及び書類保存の要件は、平成29年度改正によって廃止されました。(但し、租税負担割合が20%未満の海外子会社の財務諸表等は引き続き添付が必要)

その代わり調査の段階において、調査官は経済活動基準を満たしていることを証明する書類等の提出を求め、期限内に提出がない場合は経済活動基準を満たしていないと推定できることになりました。

これは経済合理性のある事業活動を行っていることが明らかな子会社について、低税率国にあるというだけで適用除外申告が必要という事務負担を軽減することが目的と考えられます。

租税回避目的でないことが明らかな子会社についての事務負担を軽減する一方で、租税回避が疑われる子会社については調査官の権限を強める方向の改正です。

ペーパーカンパニーの判定にも推定規定が創設

今回の改正によって導入された「ペーパーカンパニー」に該当するかどうかの判定にも推定規定が設けられました。

ペーパーカンパニーとは事業を行うための固定施設があるかどうかという「実体基準」と、本店所在国において会社の運営管理が行われているかという「管理支配基準」の両方ともを満たさない海外子会社のことです。

調査官はペーパーカンパニーに該当するかどうかの証明資料の提出を求め、期限内に提出がない場合はペーパーカンパニーに該当することができます。

ペーパーカンパニーに該当すると、租税負担割合が20%以上であっても親会社の所得に合算することが必要となります。(30%以上の場合は免除)

海外にペーパーカンパニーがあるケースもたまに聞きますので、今のうちに対応の必要がないか検討しておきましょう。

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ