1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格全般
  4. 期末間際の値引きや価格調整金は寄付金リスク大 | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

期末間際の値引きや価格調整金は寄付金リスク大 | 押方移転価格

移転価格 値引き 期末

期末が近づいてくると海外子会社の業績見通しがはっきりしてきます。このままだと海外子会社が赤字になると判明する場合もあるでしょう。

このような時、事前の覚書も何もなく、「売上値引き」や「為替調整金」などの名目で海外子会社に送金すると、その部分は海外子会社への寄付と認定される可能性が高いです。

「そんな露骨なやり方をする会社はないだろう」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

海外子会社の赤字を避けるため(あるいは日本本社の所得を減らすため)に、期末間際に多額の支援を行った事例を実際に何度か目にしています。

海外子会社の赤字は「万病の元」

海外子会社の赤字は確かに大きな問題です。

海外子会社サイドの税務当局から移転価格上の問題を疑われるリスクが高くなるだけでなく、親会社の株主や銀行への説明も難しくなります。

上場企業であれば会計監査において、子会社株式の評価減や子会社向け債権への引当計上、子会社保有の固定資産の減損にまで話が広がる可能性があります。

会計監査は税務ではなく会計の数字(財務諸表)を元に行われます。

海外子会社の財務諸表が親会社の支援を受けた結果であったとしても、それについては考慮されずに財務諸表の数字だけが重視されるため、無理を承知で子会社支援を行う企業も出てくるのです。

期末に慌てても遅い

無理をしてでも海外子会社の決算をきれいにしたい気持ちは理解できますが、期末間際に計画にない売上値引き等を行う場合は、正直に自己否認をした方が無難です。

「期中の取引価格は暫定であり、一定の計算式に従って期末に値増し・値引きを毎期行っている」という事実があれば子会社支援目的ではないという主張もできますが、そうでない場合は、グループ全体の利益を考えた上での政策的な追加コストと考える以外にないと思います。

期末が近づいてから慌てるのではなく、事前に目標となる利益率レンジと価格調整の方法を定めておき、海外子会社の利益率を日常的にモニタリングしておくことが重要です。

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ