1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 世界の移転価格税制
  4. インドの移転価格税制 | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

インドの移転価格税制 | 押方移転価格

移転価格 インド

<2017年8月11日編集>
インドでは2001年にOECDガイドラインをベースとした移転価格税制が導入されました。移転価格執行の厳しい国であり、ペナルティも大きいため、移転価格対応は必須です。

移転価格税制の対象取引

関連者との国際取引及び一定の国内取引に移転価格税制が適用されます。関連者かどうかは、議決権の保有割合が26%以上、貸付金が総資産の51%以上、債務保証額が債務者の借入総額の10%以上、役員の兼務が半数以上等の基準によって判定します。

移転価格計算方法

独立価格比準法、再販売価格基準法、原価基準法、利益分割法、取引単位営業利益法、その他の方法の中から最適な方法を選択することとされています。

移転価格ペナルティ

追徴税額の100%~300%のペナルティが課されますが、納税者が誠実に、正当な注意を払って取引価格を決定したと認められた場合は免除または軽減される可能性があります。また移転価格文書及び移転価格証明書(下記)を期限内に提出できなかった場合は、取引金額の2%のペナルティが課されます。

移転価格更正の期限(時効)

年度終了後48ヶ月間

文書化義務

関連者との国際取引が年間1000万ルピー超または特定の国内取引が年間2億ルピー超の場合は、移転価格文書を申告期限(11月30日)までに作成し、調査官から提出を求められた場合は30日以内に提出しなければなりません。

また国際取引を行った場合は、金額の多寡に関わらず移転価格文書とは別にインド勅許会計士の移転価格証明書を入手し、確定申告書に添付して提出しなければなりません。

前年のグループの全体売上が539憶5000万ルピーを超える場合は、マスターファイルと国別報告書の整備も必要です。

使用言語

英語

事前確認(APA)及び相互協議

ユニラテラルAPA、バイラテラルAPA、多国間APAが認められています。相互協議の制度もありますが、実績は多くありません。

移転価格税制に関するお役立ち情報一覧はこちら

移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ