1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格用語集
  4. 事前確認制度(APA)とは | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

事前確認制度(APA)とは | 押方移転価格

事前確認制度(APA)とは、独立企業間価格の算定方法等について税務当局と事前合意を得る制度です。片方の税務当局のみと合意することをユニラテラルAPA、両国の税務当局と合意することをバイラテラルAPA、3ヶ国以上で合意することをマルチラテラルAPAといいます。

国外関連者との取引を申請内容通りに行っていれば、その取引は独立企業間価格で行われたと認められ、課税リスクはゼロになります。

ですが、APAの取得には2年程度の審査期間と多額のコンサルティングフィーが発生します。またAPAの有効期間は3~5年とされており、期間経過後は再申請が必要です。

そのため中堅企業の場合は、文書化によりリスク回避することが現実的だと考えます。

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ