1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. ピックアップ記事,移転価格全般
  4. 別表17(4)の書き方 | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

別表17(4)の書き方 | 押方移転価格

別表17-4 書き方 記載例

字が下手で申し訳ありませんが、法人税申告書別表17(4)の記載方法について写真を使いながら説明します。

別表17(4)は「国外関連者に関する明細書」といい、移転価格税制の適用対象となる国外関連者の名称や所在地及び国外関連取引について記載する申告書です。
きちんと書けている企業はほとんどありませんので、この記事を来年の申告の参考にして下さい。

国外関連者の名称等

別表17(4)の上段部分(国外関連者の名称等)は、会社名や住所等を書けばいいので写真には撮っていませんが、「特殊の関係の区分」の欄だけは迷うと思います。

ここには国外関連者になったと判定した根拠条文を書くのですが、

・親子関係(50%以上の出資関係)であれば「第1号該当」
・兄弟関係であれば「第2号該当」
・役員の兼務等の実質支配関係であれば「第3号該当」

と記載して下さい。

国外関連者との取引状況等

別表17(4)の下段部分(国外関連者との取引状況等)について、写真を見ながらご確認下さい。

棚卸資産の売買の対価

この欄は海外子会社(国外関連者)との商品・製品の売買、つまり貿易取引の金額を記入します。「算定方法」の欄は、その年の移転価格分析を行った時に採用した独立企業間価格算定方法を記載します。移転価格文書を作っていない場合は、空欄にしておくしかありません。

役務提供の対価

この欄は海外子会社に提供した役務提供の対価の金額を記載します。海外子会社に出張支援を行った場合にフライト代や日割人件費を請求していると思いますが、まさにその金額を記載する箇所です。

「算定方法」は、出張サービスにかかった原価を請求していると思いますので、「原価基準法に準ずる方法と同等の方法」、略して「準原価基準法」と記載して下さい。

ちなみに海外子会社に出向している方への給与負担金は、「役務提供」ではないので記載しません。

無形固定資産の使用料

ここにはロイヤリティー(特許権や商標権の使用料)の受払額を記載します。(BSに計上されている無形固定資産に限らず、製造ノウハウやブランド名などの無形資産の使用料を意図していると思いますので、「無形資産の使用料」の方がより適切だと思います。)

「算定方法」ですが、移転価格文書において海外子会社のロイヤリティー支払い後の営業利益の水準を検証している場合は、「準取引単位営業利益法」になります。そうではなく、類似した特許等のロイヤリティー料率を参考にしている場合は、「準独立価格比準法」となります。

貸付金の利息又は借入金の利息

この欄には、親子ローンをすることによって発生した利息を記載します。利率は、過去の実績や国債の利回り等を参考にして決定していると思いますので、「準独立価格比準法」と記載しましょう。

書いたらヤブヘビになる?

別表17(4)が作成されていない場合または記載が十分でない場合は、会社に是正を求めるよう定められています。(移転価格事務運営要領3-3)

移転価格事務運営要領は「課税庁内ルール」ですので、国税局員はこのルールを必ず守ります。結果として別表17(4)は、海外子会社との取引状況を確認するための一次審査のような位置づけになっています。

確かに棚卸資産の「算定方法」が空欄になっていれば、移転価格文書を作っていないことがわかってしまいますが、どちらにせよ売上先明細を見れば海外子会社との取引額はわかります。

下段部分(国外関連取引の部分)が全くの空欄になっていると、海外子会社との取引について何も考えていないという印象を与えてしまう可能性がありますので、出張旅費の回収等を行っているのであれば、その部分だけでも書くようにしましょう。 

読者限定情報が毎週届くメールマガジンはこちら
移転価格 メルマガ

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ