1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格文書化
  4. 内製化すればローカルファイルの年度更新は短時間で終わる | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

内製化すればローカルファイルの年度更新は短時間で終わる | 押方移転価格

移転価格 内製化

3月決算法人の決算時期が終わりました。

同時文書化義務がある海外子会社との取引については申告期限までにローカルファイルの作成が必要ですが、そうでない場合でも決算の記憶が新しいうちに年度更新をしてしまう方が効率的です。

当事務所の顧問先もローカルファイルやマスターファイルの年度更新にとりかかっていますが、文書の中身を理解していますので、スピーディーに更新が完了しています。

親子の機能やリスク、無形資産の取り扱い、作っている製品、取引フローなどは、毎年それほど変わるものではありません。

為替リスクの負担者やロイヤリティの取り扱いが変わった企業もありますが、そこの部分だけ記載を変更すればいいので、それほどの作業負荷にはなりません。

比較対象企業のデータも3年間は同じものを使えますので、更新年度でなければ、それについての作業も発生しません。

ローカルファイルのストーリーを企業自身が理解していて、移転価格税制上の問題がないように日頃から注意していれば、年度更新は単純作業で終わるということです。

1年目は労力がかかりますが、その分2年目以降はラクになりますので、ぜひローカルファイルの自社作成、移転価格対応の内製化にチャレンジして下さい。

「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」
個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ