1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 国際税務
  4. 95%益金不算入制度に微妙な改正がありました | 押方移転価格会計事務所

押方移転価格会計事務所の移転価格お役立ち情報

95%益金不算入制度に微妙な改正がありました | 押方移転価格会計事務所

外国子会社配当益金不算入 改正

95%益金不算入制度(外国子会社配当益金不算入制度)が少しだけ改正

ご存知の方も多いと思いますが、これは株式の25%以上を6ヶ月以上継続して保有する外国企業から配当を受け取った場合、受取配当の95%は益金に算入しなくてもよいというルールです。

外国子会社を持つ企業にはありがたい制度ですが、このルールが少しだけ変更になりました。

配当を払った国において当該配当が損金に算入されている場合、当制度は適用できないことにしますという改正です。

koala

そんな国があるのかと思いましたが、オーストラリアをターゲットにした改正でした。

オーストラリアでは優先株に対する配当金が損金に算入されます。受け取った日本においても課税されないとなると、どの国でも課税されない状態になります。この状況を露骨に悪用している企業があったようで、OECDから改善勧告があり、税制改正をするに至りました。

税の世界はイタチごっこ

「穴を見つけては埋め、穴を見つけては埋め」の世界です。

大事なことは、ルールの穴を見つけるようなことは考えないことです。仮に何か見つかったとしても、その後のルール改正で適用不可になる可能性があります。

堂々と正道を歩みましょう。

補足ですが、95%益金不算入ルールを受けた場合、その配当金に課せられた源泉税は、外国税額控除も損金算入もできません。

100万円の配当に10%の源泉税がかかった場合、

(現金預金)90万円 (受取配当金)100万円
(租税公課)10万円

と処理し、 受取配当金のうち、95万円は益金不算入とし、租税公課の10万円は損金不算入とします。益金不算入制度により二重課税は排除されたので、源泉税は諦めて下さいね、という意味です。

「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」
個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせ