1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格全般
  4. 業界の新常識「移転価格対応の内製化支援」から得られるメリット | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

業界の新常識「移転価格対応の内製化支援」から得られるメリット | 押方移転価格

移転価格税制 自社対応 業界

業界の新常識:「移転価格対応の内製化支援」

日本においては移転価格調査の対象が大企業から中堅規模の企業にシフトしてきています。

同時に移転価格文書化制度の改正が各国で行われ、海外子会社サイドでローカルファイルやマスターファイルの作成も必要になってきています。

中堅企業も移転価格税制に対応しなければならない時代になってきているということですが、大企業と同じような対策を取ることは適切とはいえません。

大企業の場合、移転価格課税による追徴リスクが数十億円~数百億円にも上りますので、移転価格専任者を何名も配置し、コンサルティング会社に数千万円の費用を払って、ローカルファイルの整備や事前確認(APA)の取得手続きを行うといったフルスケールの対応を取っても費用対効果が合います。

一方、中堅企業の場合は移転価格リスクが数千万円から2~3億円程度ですので、このようなコストをかけることはできませんし、また、かける必要もありません。

中堅企業は自社で移転価格対応ができるようになるべき

移転価格リスクを数年間ゼロにする事前確認(APA)は、取得までの期間やコストを考えると現在のところは大企業向きと言わざるを得ません。

中堅企業の場合は、ローカルファイルを整備した上で、移転価格ポリシーに準拠した親子間取引を行うことが唯一の現実的な選択肢です。

ローカルファイルは一度作って終わりではなく年度更新が必要ですので、毎年の文書化コストを考えるとローカルファイルを自社で更新できるようになることがベストです。マンパワーの点についても、効率的な文書化ノウハウを身につければ兼務で十分対応可能です。

ローカルファイルを整備することにより、税務調査のたびに「移転価格文書の提出を求められたらどうしよう」という不安から解放されるだけでなく、税務コンプライアンスや内部統制上の不備も解消することになります。

初めてローカルファイルを作る時はそれなりの労力がかかりますが、一度作ってしまえば毎年のリニューアルはそれほど大変ではありません。やはり何事も慣れです。

ローカルファイルの作成は移転価格対応の一部に過ぎない

「専門家にローカルファイルの作成を外注することの3つのデメリット」にも記載しましたが、ローカルファイルの作成を専門家に外注する方法には限界があります。

当事務所はローカルファイルの代行作成ではなく、ローカルファイルを自力で更新できるようになるだけでなく、日常的なビジネス活動から生じる移転価格・海外寄付金リスクを自力でチェック・低減できる社内体制作りをコンサルティングの目的としています。

経理部門だけでなく関係各部門を巻き込んだ全社に対してコンサルティングを実施しますので、移転価格税制に関する社内理解が高まり、継続的に移転価格・寄付金リスクを低減させることができます。

移転価格問題を根本的に解決するためには、取引価格の見直し、経費負担の見直しなどが必要であり、そのためには全社的理解が必要です。

親子間取引自体はノータッチのままで形式的にローカルファイルを作成しても、それは問題を先送りしているだけです。

このことを踏まえた上で中堅企業の皆さんは、ぜひ「移転価格対応の内製化」を目指して下さい。

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ