1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格全般
  4. 書籍もセミナーも実行が伴わなければ意味はない | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

書籍もセミナーも実行が伴わなければ意味はない | 押方移転価格

移転価格 本 書籍

まもなく「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」という押方の著書が出版されます。

海外に進出する企業がこれだけ増えているということは、親子間取引を行っている企業の数も当然増えています。

税務当局が親子間取引を通じて利益が国外に逃げるのを警戒するのも、これまた当然といえるでしょう。

書籍の中には移転価格税制や海外寄付金による課税リスクを低くするためにはこういうことが必要ですよ、ということが書かれています。

世間体を気にする理由もあまりありませんので、割と好き放題に書かせていただきました。

また当事務所の移転価格セミナーにおいても移転価格対応における注意点について、実例を交えながら解説しています。

知っているのとできているのとは全く違う

ですが書籍やセミナーでどのような知識を得たとしても、「ふ~ん」とか「知ってる。知ってる」で終わらせてしまっては意味がありません。

よく言われることですが、知っていることとできていることは全く違います。

例えば書籍の中に、「国外関連者に出向者を送る際は出向契約書を結びましょう」という一節があるのですが、それを読んで、「出向契約書が必要なんだよね。知ってる。知ってる。でもウチはないけどね」では何の意味もありません。

せめて社内で何らかの検討はして欲しいと思います。

変化を伴わない学習はただの趣味

趣味であれば単純に知識が増えるだけでいいと思います。楽しむことが目的だからです。

歴史好きの人が歴史本を読んで、「五代将軍は鶏肉が好きだったのか~」と知識が増えれば、それだけで楽しいでしょう。

一方、ビジネスの場合、成果が出ない学習に意味はないと思います。何らかのインプットをしたのであればアウトプットが必要ということです。

手前味噌になりますが、当事務所の移転価格セミナーの場合、真剣な方だけが参加していますのでインプットして終わりというケースは少ないです。

「セミナーを受けて、すぐ出張旅費の請求を始めました」などの声を聞くことも多いです。

書籍やセミナーで知識を増やすこと自体はいいことですので否定はしません。ですが、やはりアウトプットが伴わなければ自己満足で終わってしまいます。

アウトプットをするためにインプットをするという意識が重要なのではないでしょうか。

「移転価格対応に失敗したくない人が最初に読む本」
個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ