1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格全般
  4. 移転価格対応には弁護士の仕事のような側面がある | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

移転価格対応には弁護士の仕事のような側面がある | 押方移転価格

移転価格 弁護士

移転価格税制への対応は弁護士の仕事と似ている面があります。弁護士は同じ事件を取り扱っていても、原告側の弁護をする場合と被告側の弁護をする場合で主張を変える必要があります。

移転価格対応も同じです。親子間取引自体は同一のものですが、日本の税務当局に説明する場合と、子会社サイドの税務当局に説明する場合では主張すべき点が異なってきます。

価格に絶対的に正しいというものはなく、主義主張の要素が必ず入ってきますので、事実から逸脱しない範囲で、それぞれの当局の立場を考えた上での主張を行うという意味です。

子会社で作成したローカルファイルを日本サイドで使うことは可能ですが、元々は子会社の当局向け資料ですので、中身をよく理解しないまま日本の税務調査時に提出することは、お粗末と言わざるを得ません。

日系企業であれば、やはり日本本社が移転価格税制の内容をしっかり理解しておくことが重要です。

日本本社と海外子会社双方の弁護士になったつもりで、それぞれの当局に対して移転価格上の問題がないと主張できるよう準備を進めていきましょう。

移転価格税制に関するお役立ち情報一覧はこちら

移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ