1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. ピックアップ記事,移転価格全般
  4. 過去に作ったローカルファイルが放置されている | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

過去に作ったローカルファイルが放置されている | 押方移転価格

移転価格 過去 放置

「10年前に1度ローカルファイル(移転価格文書)を作ったのですが、予算の都合で、その後は放置されていまして・・」

このようなご相談を受けることがあります。専門家に依頼してローカルファイルを作ったものの、その年限りになっており、年度更新がされていないということです。

このことから次のことが明らかになります。

外部専門家にローカルファイルを代行作成してもらうだけでは、社内に十分なノウハウが蓄積せず、自力で年度更新ができるようにはならない

かといって、毎期、専門家に外注する予算を確保することは難しい場合がある

数千人以上の大企業であれば移転価格専任スタッフを配置して、外部専門家のアドバイスを受けながらAPAの取得やローカルファイルの更新をしていくことも可能ですが、数百名規模の中堅企業がそこまでのリソースを確保することは難しいと思います。

最初から年度更新を意識することが重要

「海外子会社の設立登記手続き」のような1回で完結する業務であれば、専門家に代行してもらえばそれで終わりですが、ローカルファイルは毎期更新が必要な書類です。

海外子会社との取引額が一定以上の場合は確定申告期限までにローカルファイルを作成する「同時文書化義務」が始まりましたが、この規定からも明らかなようにローカルファイルの更新は決算ルーチンの一環です。

ローカルファイルを更新するためには海外子会社の決算内容を把握する必要がありますので、同時文書化義務の対象とならない場合であっても、連結決算の記憶が新しいうちに年度更新を行うことをお勧めします。

中堅企業と大企業では状況が異なる

大企業は十分な予算を確保した「フルスケール対応」が可能ですが、中堅企業は各自が他の業務と兼務しながら効率的にローカルファイルを更新できる社内体制を構築する以外に現実的な対応策はありません。

また海外子会社サイドからも「移転価格が・・」という声が届いていると思います。移転価格税制に関するルールの整備は世界各国で急速に進んでいるからです。

海外進出企業は移転価格税制を無視できない状況になってきています。

中堅企業は中堅企業に合った形の社内体制を整備し、インターナショナルな企業として一段階レベルアップしなければならないタイミングにきているのではないでしょうか。

個別相談付き移転価格入門セミナー
【記事数300以上】移転価格お役立ち情報一覧
移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ