1. HOME
  2. 移転価格お役立ち情報
  3. 移転価格文書化
  4. 文書化コンサルティングに動画解説を使うメリット | 押方移転価格

移転価格お役立ち情報

文書化コンサルティングに動画解説を使うメリット | 押方移転価格

文書化 動画 解説

当事務所の文書化コンサルティングでは、移転価格税制に自社で対応するために必要な知識・ノウハウを「動画講座」という形でお渡ししています。1つの動画は5~10分程度で、合計で20本程度をお渡しすることになります。

このような形式をとっている理由は、効果的かつ効率的に移転価格対応に必要なノウハウを身につけていただくためです。

移転価格文書を「作成代行」してもらうだけではノウハウの蓄積が不十分

当事務所以外の税理士法人は移転価格文書(ローカルファイル)を会社に代わって作成するという「移転価格文書の作成代行」を行っています。会社の方に何度かヒアリングを実施し、その結果を「移転価格分析報告書」という形でまとめて会社に報告します。

「事務所内で検討した結果、御社の場合は取引単位営業利益法が最適と判断しました。なぜなら・・」というような報告会が開かれるのですが、それを聞いただけでは会社内に十分なノウハウは蓄積されません。

それは分析した結果だけを聞かされているからです。会社に十分な知識がないために満足に質問もできません。「他の計算方法はどのような方法で、なぜ不採用になったのか」「比較対象企業の選定方法として、このような考え方はどうか」といった質問は、ある程度会社にノウハウが蓄積されていなければできないのです。

せっかくであれば、移転価格対応の内製化を目指そう

当事務所でも作成代行を行うことは可能ですが、せっかくであればもう一段上を目指し、移転価格文書を自社で更新できるレベルになっていただきたいと考えています。

移転価格税制に関する知識・ノウハウが既にある人の場合、その技術を使って文書化をすればいいだけのことですが、「移転価格税制って何?」という初心者の方を移転価格対応ができるまでに育てるには移転価格税制に関する知識・ノウハウをわかりやすく伝えるノウハウが必要になります。

動画講座のメリットは時間の有効活用と繰り返し学習

何かを伝える時の手段としては、文書か対面(口頭)が一般的です。

文書は便利ですが移転価格関係のノウハウを伝えようと思うと、どうしてもわかりにくくなります。上述の「移転価格分析報告書」にも各計算方法の説明等が掲載されている場合がありますが、初めて移転価格対応に取り組む人が読んでも、何が言いたいのかわからないと思います。

対面(口頭)で伝える場合はわかりやすいですが、お互いの時間を合わせるのは大変ですし、時間が合ったとしても、一度で全てを理解することは困難です。

そこで当事務所では動画解説を使用しています。動画は口頭説明でわかりやすい上に、時間がある時に繰り返し視聴可能だからです。もちろん動画をみた上で不明な点については、対面または電話で補足させていただきます。

導入に多少の労力はかかる

このような動画講座を使いながらのコンサルティングですので、作成代行よりも多少、多くの労力がかかります。

ですが、移転価格文書は毎期更新が必要であるため、次年度以降も外注するか自社で作るかのどちらかが必要になります。であれば導入時に多少の時間をかけてでも、社内にしっかりしたノウハウを蓄積する方がいいのではないでしょうか。

動画講座のサンプルをご提供しますので、移転価格対応を外注し続けるか内製化するかの判断材料にお使い下さい。(サンプル動画:国外関連取引の種類

移転価格税制に関するお役立ち情報一覧はこちら

移転価格文書化コンサル専門-押方移転価格会計事務所TOP

あわせて読みたい記事

カテゴリー

移転価格・海外寄付金に関する最新情報を無料配信中! 無料メールマガジン ぜひご登録ください! 移転価格文書のテンプレートを無料プレゼント! 今すぐ配信登録はこちら
  • お電話でのお問い合わせ

    移転・海外寄付金のことご相談下さい TEL:06-6484-6280受付時間/9:00~17:00

  • メールでのお問い合わせ
    お問い合わせ